​健康の源・ミトコンドリアを、温熱治療で活性化

温熱治療【サンビーマー】

医療機器メーカー・株式会社サンメディカルが開発した 【サン・ビーマー】 は、人体に有効に作用する遠赤外線を応用した温熱治療器です。
医療認可を受けた治療装置であり、遠赤外線放射体および低温火傷防止ファンは日・米特許を取得しており、理学療法領域だけでなく、医療機関のさまざまな領域で幅広く使用されています。

まろやかな温感が特長で、近年は不妊治療の分野での成果が認められ、多くの不妊治療専門クリニックに導入されています。

これまでに延べ3万台以上が生産され、海外の医療施設も含めて一日約10万人(当社調べ)の方々の治療に利用されている実績のある治療装置です。

サンビーマーの効果・効能
・血管拡張作用による血流の改善
・体温を改善して 代謝を促進
・免疫機能の活性化化を図る
・薬物の効果を促進する

ミトコンドリアのエネルギー代謝を活性化させる

遠赤外線の温熱効果について

 私たちの体を構成する全ての細胞の中に存在し、エネルギーを作り出しているのが「ミトコンドリア」です。老化は細胞数の減少と言い表す事が出来ますが、細胞数が減ると細胞の中のミトコンドリアも同時に減少していきます。

 

 ミトコンドリアは、人のエネルギーの約90パーセントを産生していますので、老化することで細胞およびミトコンドリアが減少し、体温も下がっていきます。特に、夏でも冷房の効いた室内、体を冷やす食べ物・飲み物、このような体温の上がりにくい環境で暮らしている現代人は、きちんと体を温めることが大切です。

 

 体温を上げる方法として、外から直接、熱を加える方法もありますが、熱から離れると体温は下がってしまいます。当院の温熱治療で使用している「サンビーマー」の最大の効果・効能は、血管拡張作用による血流改善です。定期的にサンビーマーによる温熱治療で体を温めると、核心温(身体深部の温度)を確保することができます。

 遠赤外線の中でも、生育光線と言われる10uミクロン前後の遠赤外線の波長は、人体から放射されている生体エネルギー波長と同じと考えられています。サンビーマーによる温熱治療は、この人体に有効に作用する遠赤外線を応用するもの。生育光線(遠赤外線)は皮下組織で共鳴し、体内で熱エネルギーを発生させて温める事によって血液循環を改善し、結果として温まった血液が体内を流れることで更に体温を上げます。このことで細胞を活性化、免疫力の向上や新陳代謝を促進する優れた効果があります。


 ほとんどの病気や老化は、ミトコンドリアの数や働きが低下して起こるといわれています。遠赤外線による分子の共振作用により、ミトコンドリアが活性化されれば、遠赤外線から離れた時でもミトコンドリアが元気に熱を産生することで、核心温が確保でき、体温も上昇します。

心地良さを大切に。

完全予約制で女性鍼灸師が丁寧に対応致します。
 

もぐさ鍼灸院

鹿児島市上竜尾町48-11

tel. 099 -248- 8049

診療時間 8:00 〜 18:00 【完全予約制】

[ 料金 ] ※すべて税込

・温熱治療(サンビーマー)、電子鍼灸器 60分 1,800円

・アロママッサージ 30分 3,000円

・鍼、皮内鍼は別途料金

© 2020 by Mogusa Acupuncture